インターンシップ開催レポート(実施例)

 1日目 西武グループの経営戦略理解 「都市交通・沿線事業」の事業戦略理解 新規事業の事業戦略理解 所沢本社 池袋会議室
西武ホールディングスインターンシップが始まりました!

集まった29名の学生たちは最初こそ緊張の表情が見られたものの、自己紹介が終わるとすぐに打ち解けあった様子でした。インターンシップの初日は、西武ホールディングス後藤社長の講話から始まりました。その内容は仕事についてから人生観まで幅広く、インターンシップ生からは様々な質問があがりました。午後は、西武グループの経営戦略や西武鉄道を中心とした「都市交通・沿線事業」、自由な発想で新規事業分野を創出する専門部署である「西武ラボ」の戦略について学びました。最後に池袋旧本社ビル建て替え工事現場の「ダイヤゲート池袋」を見学し、初日から多くの情報を吸収したようでした。

間近で後藤社長にお話しを聞けたことが最も印象的でした。西武ホールディングスに限らず、社会人として求められてる資質についてお話いただき、今後の勉強意欲につながりました。

男子学生の声

後藤社長の講話や各事業部の方々の説明を受けて、異なる事業をつなげるホールディングスとしての戦略の面白さを感じることができました。

女子学生の声

実際に建設中のビルを見に行くというなかなかできない経験を通して、新事業がどのように作られていくのか具体的にイメージすることができました。

女子学生の声

2日目 「不動産事業」の事業戦略理解 「ホテル・レジャー事業」の事業戦略理解 東京ガーデンテラス紀尾井町説明 グランドプリンスホテル高輪 高輪・品川エリア 東京ガーデンテラス紀尾井町
様々な講義と現地視察を通し、西武グループのポテンシャルの大きさを実感!

午前中はグランドプリンスホテル高輪で、西武プロパティーズを中心とした、今後のプロジェクトや将来像を交えつつ不動産事業として戦略を学びました。プリンスホテルを中心としたホテル・レジャー事業の事業戦略理解では、新規参入である「プリンスバケーションクラブ」の創設やStayWell Hospitality Groupの海外事業展開についてなど様々な最新情報を知ることができ、学生のみなさんも興味深く質問をしていました。高輪・品川エリアの視察では、旅館・宴会場・貴賓館などを視察し、品川エリアにある西武グループの保有資産を実感していました。午後は、東京ガーデンテラス紀尾井町が完成するまでの説明を受けました。西武グループの総力を結集してつくり上げた施設を体感したようです。

東京ガーデンテラス紀尾井町は、グループのシナジーを感じることができる施設になっていて、どのように自社の強みを生かし、他社との差別化を図っていくのかというモデルケースを学ぶことができ、勉強になりました。

男子学生の声

今後の戦略や、2016年にオープンした東京ガーデンテラス紀尾井町の説明を通し、これから先のさらなる事業の広がりが想像できました。

女子学生の声

前日の都市交通・沿線事業と並び、西武グループの基幹事業といえるホテル・レジャー事業について実際の施設等を見学しながら学ぶことができ、理解が深まりました。

男子学生の声

3日目 横浜・湘南エリアの現地視察 グループワーク 横浜アリーナ 横浜八景島シーパラダイス 大磯プリンスホテル
「横浜・湘南エリア」の施設群を視察、いよいよ本格的なグループワークの開始!

3日目からはいよいよ合宿研修。西武バスに乗り、品川から横浜アリーナに向けて出発しました。2017年3月に株式取得をした横浜アリーナの事業と近隣の新横浜プリンスホテルとの連携を学んだ後は、グループ施設の横浜八景島シーパラダイスへ移動。株式会社横浜八景島の事業説明を聞き、施設の見学をしました。横浜エリアの視察をしたことで西武グループの事業の広さを実感したようでした。合宿の会場である大磯プリンスホテルに到着後、各班に分かれグループワーク開始です。今まで得た情報をもとに、みなさん多くのアイデアを出し合っていました。夕食後、大磯プリンスホテルにあるスパを各自楽しみつつ、宿泊合宿。インターンシップ生同士の絆も深められたようでした。

横浜アリーナや八景島シーパラダイスの視察で、西武グループが様々な形でお客様にサービスを提供していることがわかり、グループの規模の大きさを実感できました。

女子学生の声

現場を実際に訪問することで、西武鉄道の沿線ではない横浜エリアにおける多種多様な幅広い事業に驚かされた。

女子学生の声

大磯プリンスホテルでは、グループワークのしやすい環境が整っていたほか、グループで様々に楽しむことのできる施設があり、親睦をさらに深めることができた。

男子学生の声

4日目 グループワーク 大磯プリンスホテル
今後の社会情勢や顧客ニーズを考えながら、西武グループの新戦略を考える!

午前中は社員に向けての中間発表を行いました。そこで得たアドバイスをもとに、再度方向性を考えるグループもあれば、さらに考えを発展させられるように話し合うグループもあり、白熱した議論が行われました。途中、なかなか議論が進まず悩む姿も見られましたが、みんなの真剣な表情が印象的でした。お昼休みをはさみ、午後も引き続き各グループとも集中して深い議論を重ね、これまでに学んだ知識や調べて得た知識などをどのように自分たちが実現したい事業戦略に落とし込むかを一生懸命考えていました。長いと思っていたグループワークの時間はあっという間に終わり、バスで帰宅の途につきました。バスの中でも議論が続く班も見られ、明日のプレゼンテーション本番に向けて最後まであきらめずに議論を続けていました。

議論で出た提案を中間発表で見ていただき、最終発表よりも前の段階で方向性に関してアドバイスいただけたのはとても参考になりました。

女子学生の声

時間が過ぎるのがあっという間で新規事業を立案することの難しさを実感しましたが、それ以上にグループワークや仲間と話し合うことの面白さに気付くことができた2日間になりました。

男子学生の声

グループの中で自分の役割や長所を再認識した一方で、今後の自分の課題を見つけることができました。

男子学生の声

5日目 グループワーク プレゼンテーション ザ・プリンスさくらタワー東京
5日間の集大成を各部マネジャー陣に向けてプレゼンテーション!

この4日間考え抜いたアイデアをまとめ、いよいよ最後のプレゼンテーションへ。直前までリハーサルを重ねる真剣な姿に私たちも刺激を受けました。開始前はみなさん不安そうな表情を見せていましたが、本番になると自分たちのアイデアを堂々と発表する姿は頼もしく見えました。学生ならではのアイデアには、講評する立場のマネジャー陣も感心させられました。プレゼンテーション後、優勝チームの発表がありました。優勝できなかったチームは一様に悔しそうな表情をしていましたが、どのチームも素晴らしい発表でした。最後は5日間の思い出を語りながら先輩社員と一緒に懇親会を行いました。参加者のみなさん、5日間本当にお疲れさまでした!

実際の事業に携わっている社員の方々の前で発表をする、という貴重な機会を頂き、とても緊張しましたが、良い経験になりました。

男子学生の声

5日間のインターンシップを通して様々な角度から西武グループを感じることができたこと、仲間と協働できたことが本当に楽しく、今の自分の大きな糧になっています。

男子学生の声

懇親会では、講話では聞けないような業務の裏にある社員の方々の想いを伺うことができ、就職活動へのモチベーションが高まりました。

女子学生の声

ページトップ
Page top