インターンシップ開催レポート

2017年9月4日(月)〜9月8日(金)

 1日目 経営者講話 西武グループの経営戦略理解 「都市交通・沿線事業」の事業戦略理解 「不動産事業」の事業戦略理解 所沢本社 池袋会議室
2017年西武ホールディングスインターンシップが始まりました!

集まった27名の学生たちは最初こそ緊張の表情が見られたものの、自己紹介が終わるとすぐに打ち解けあった様子でした。インターンシップ初日は、西武ホールディングス後藤社長の講話から始まりました。その内容は仕事についてから人生観まで幅広く、インターンシップ生からは様々な質問があがりました。午後は、西武グループの経営戦略や西武鉄道を中心とした都市交通・沿線事業、西武プロパティーズを中心とした不動産事業の事業戦略について学んだ後、池袋旧本社ビル建て替え工事の現場見学をしました。グループワークのテーマも発表されたこともあり、初日に吸収したたくさんの情報をもとに、今後のグループワークについてすでに話し合っている班もありました。

日本の経済を動かしている方のお話を直接聞く機会はめったになく、トップの方の視野の広さや思考の深さを感じることができ、大変貴重な経験になりました。

男子学生の声

西武ホールディングスが、部分最適ではなく全体最適をはかりながら業務に取り組んでいることがわかり、とても興味を持ちました。

女子学生の声

多種多様な事業について説明を聞くことができたため、まるで一度に様々な企業のインターンシップに行ったような気分でした。

女子学生の声

2日目 新規事業の事業戦略理解 「ホテル・レジャー事業」の事業戦略理解 高輪・品川エリア視察 東京ガーデンテラス紀尾井町説明・視察 グランドプリンスホテル高輪 高輪・品川エリア 東京ガーデンテラス紀尾井町
様々な講義と現地視察を通し、西武グループのポテンシャルの大きさを実感!

午前中はグランドプリンスホテル高輪で、新規事業の事業戦略について学びました。西武グループが将来にわたって持続的かつ力強い成長を果たしていくために、今年の4月に新設された部署「西武ラボ」の今後の方向性、可能性などについて説明を受けました。プリンスホテルを中心とした「ホテル・レジャー事業」の事業戦略理解では、StayWell Hospitality Groupの事業取得予定や新ブランド「プリンススマートイン」など様々な最新情報を知ることができ、学生のみなさんも興味深く質問をしていました。高輪・品川エリアの視察では、旅館・宴会場・チャペル・水族館などを視察し、品川エリアにある様々な西武グループの保有資産を実感しました。午後は、東京ガーデンテラス紀尾井町が完成するまでの説明を受け、施設内の見学をしました。西武グループの総力を結集してつくり上げた施設を体感しました。

高輪・品川エリアの今後の可能性をあらためて実感するとともに、そのエリアに広大な土地、資産を保有する西武グループの力に圧倒されました。

男子学生の声

東京ガーデンテラス紀尾井町は、ビオトープなどの緑地化を筆頭に他の複合施設との差別化の工夫を感じました。

女子学生の声

違う角度から事業を見つめ直し、新たな事業を生み出すことの難しさを知ることができ、西武ラボの説明はとても興味深い内容でした。

男子学生の声

3日目 箱根エリアの現地視察 グループワーク 箱根エリア 大磯プリンスホテル
「箱根エリア」の施設群を視察、いよいよ本格的なグループワークの実施!

3日目からはいよいよ合宿研修。西武バスに乗り、品川から箱根エリアに向けて出発しました。バスの中では西武グループと箱根の歴史の説明を受け、箱根に対するインターンシップ生のみなさんのイメージが変わったようでした。グループ施設である遊覧船やロープウェイに乗り、ザ・プリンス箱根芦ノ湖、竜宮殿の見学をした後、合宿の会場である大磯プリンスホテルに向かいました。到着後、各班に分かれグループワーク開始です。今まで得た情報をもとに、みなさん多くのアイデアを出し合っていました。夕食後、リニューアルしたばかりの大磯プリンスホテルにあるスパを各自楽しみつつ、宿泊合宿。インターンシップ生同士の絆も深められたようでした。

西武グループとして、こんな事業もやっていたのか!と新しい発見の連続で、より多くの人に事業を知ってもらいたいと思いました。

女子学生の声

宿泊することで、インターンシップ生同士との距離が縮まり、翌日のグループワークに活かせました。

女子学生の声

箱根は何回も行ったことがありましたが、西武グループとの関わりを意識しながら周るとまた違ったおもしろさがありました。

男子学生の声

4日目 グループワーク 大磯プリンスホテル
今後の社会情勢や顧客ニーズを考えながら、西武グループの新戦略を考える!

午前中は社員に向けての中間発表を行いました。そこで得たアドバイスをもとに、再度方向性を考えるグループもあれば、さらに考えを発展させられるように話し合うグループもあり、白熱した議論が行われました。途中、なかなか議論が進まず悩む姿も見られましたが、みんなの真剣な表情が印象的でした。お昼休みをはさみ、午後も引き続き各グループとも集中して深い議論を重ね、これまでに学んだ知識や調べて得た知識などをどのように自分たちが実現したい事業戦略に落とし込むかを一生懸命考えました。長いと思っていたグループワークの時間はあっという間に終わり、バスで帰宅の途につきました。バスの中でも議論が続く班も見られ、明日のプレゼンテーション本番に向けて最後まであきらめずに議論を続けていました。

方向性を決めるまで苦戦しましたが、社員の方からアドバイスをいただきテーマを決めることができました。

女子学生の声

様々な意見が飛び交い、意見がまとまらない大変さを味わいました。最後の最後でどんでん返しがあり、大慌てで考え直したが、全員で目標に向かって議論した経験は非常に貴重でした。

男子学生の声

つい数日前に出会った班のメンバーと、日常会話だけでなく、ひとつのプロジェクトをつくり上げる仕事仲間のような話ができ、人との新たな関わり方を知ることができました。

男子学生の声

5日目 グループワーク プレゼンテーション 東京プリンスホテル
5日間の集大成を各部マネジャー陣に向けてプレゼンテーション!

この4日間考え抜いたアイデアをまとめ、いよいよ最後のプレゼンテーションへ。開始前はみなさん不安そうな表情を見せていましたが、本番になると自分たちのアイデアを堂々と発表する姿は頼もしく見えました。学生ならではのアイデアには、講評する立場のマネジャー陣も感心させられました。プレゼンテーション後、優勝チームの発表がありました。優勝できなかったチームは一様に悔しそうな表情をしていましたが、どのチームも素晴らしい発表でした。最後は5日間の思い出を語りながら先輩社員と一緒に懇親会を行いました。参加者のみなさん、5日間本当にお疲れさまでした!

インターンシップ参加者のみなさん、社員のみなさんからたくさんの刺激を受け、大学生生活で一番濃く充実した5日間を過ごすことができました。

男子学生の声

プレゼンテーションにたくさんの社員の方が来てくださり、緊張しましたがとてもやりがいがありました。各班に丁寧なフィードバックをしていただけたのもとてもためになりました。

男子学生の声

懇親会では社員の方々と交流をすることができ、会社の雰囲気を知ることができてよかったです。濃厚な5日間を過ごした仲間、社員の方々との別れに寂しさを感じました。

女子学生の声

ページトップ
Page top